成分【PG】の効果や安全性 -ナカミル-

成分【PG】の効果や安全性

「 PG 」効果や安全性

ナカミル - 成分辞典 -

<成分の概要>

PGとは、プロピレングリコールの略称であり、製品の使用感を向上させる・品質を安定させる目的などで配合される成分です。
各成分が皮膚へ浸透する働きを助ける効果があり、一緒に配合されている成分によっては危険性が指摘されている成分です。保湿剤、可溶化剤、溶剤、粘度低下剤に分類される成分です。

<別名や類似成分>

PGプロピレングリコール

<効果や作用>

PGには、としての効果があります。

<安全性・毒性・注意点>

向き・不向きのある成分であり、配合量や人によって注意が必要な成分です。

<化粧品やヘアケアとしての効果>

・さっぱりとした使用感をもたらす。
・抗菌効果により、製品の質を安定させる
・油系の成分に対する可溶化効果により、使用感を向上
・保湿効果

・一緒に配合されている成分に、危険なものがないか注意

PGには皮膚への高い浸透性があり、一緒に配合されている他の成分の浸透力を高める作用もあります。

例えば、製品に多くの合成物質や石油系界面活性剤などが含まれている場合、それらの成分が肌へ浸透することを促進してしまいます。

肌にとって良い成分の浸透を助けるのなら問題はありませんが、肌の負担になる成分の浸透も助けてしまうことになります。

成分にPGが含まれている場合は、『他にどのような成分が配合されているか』のチェックが大切かも知れません。

その他にも、油に対する可溶化効果により、長期間使用すると肌あれを起こす場合があるようです。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加


    • あわせて読みたい
    製品の中を見てみ比較するサイト-ナカミル-トップへ