成分【ラベンダー油】の効果や安全性 -ナカミル-

成分【ラベンダー油】の効果や安全性

「 ラベンダー油 」効果や安全性

ナカミル - 成分辞典 -

<成分の概要>

ラベンダー油とは、シソ科の植物であるラベンダーの花茎から得られるオイル。
鎮痛作用に優れ、頭痛や神経痛の緩和に用いられる他、緊張を和らげる香料としての効果がり、アロマテラピーや化粧品の成分として使われる成分です。
精油、香料に分類される成分です。

<別名や類似成分>

ラベンダーオイルラベンダー油

<効果や作用>

ラベンダー油には、としての効果があります。

<安全性・毒性・注意点>

稀にアレルギーや刺激を感じることがありますが、通常の配合量であれば問題としない人が多い成分です。

<アロマテラピーとしてのラベンダーオイル>

ラベンダー油の優しい花の香りには、緊張をほぐし気持を安定させる効果があります。

睡眠前に使うと、スムーズな睡眠への移行を促し、睡眠を深くする効果があります。

<化粧品やヘアケアとしてのラベンダー油>

ラベンダー油に含まれる成分、酢酸リナリルには、痛みを和らげる鎮痛効果があります。

また、天然のオイル特有の殺菌・抗炎症効果があり、肌荒れ防止としても効果を発揮します。

・神経痛・筋肉痛・生理痛の緩和
・抗菌・抗炎症作用によるニキビ・水虫予防
・日焼けやシミの改善効果

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加


    • あわせて読みたい
    製品の中を見てみ比較するサイト-ナカミル-トップへ