成分【ポリクオタニウム-7】の効果や安全性 -ナカミル-

成分【ポリクオタニウム-7】の効果や安全性

「 ポリクオタニウム-7 」効果や安全性

ナカミル - 成分辞典 -

<成分の概要>

ポリクオタニウム-7とは、アクリル酸アミドとジメチルジアリルアンモニウムクロリドから得られるアンモニウム塩の重合体であり、合成ポリマーの一種。
泡立ち向上の目的で配合される成分で、毛髪のきしみ防止や、傷んだ髪のコンディショニングに効果を発揮します。
合成ポリマー、帯電防止剤、皮膜剤、陽イオン界面活性剤に分類される成分です。

<別名や類似成分>

ポリクオタニウム-7

<効果や作用>

ポリクオタニウム-7には、としての効果があります。

<安全性・毒性・注意点>

情報がありません。

<ポリクオタニウム-7の安全性や毒性>

ポリクオタニウム-7に関して、皮膚浸透性を指摘されることもありますが、安全性に関してのデータは不明な部分があります。

「安全か危険か」を判断するのは難しい成分の一つです。

しかし、成分にこだわりを見せる洗顔料やシャンプーに配合されていることもあるので、通常の配合量であれば問題視する必要はないのかも知れません。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 製品の中を見てみ比較するサイト-ナカミル-トップへ