ナカミル-免責事項について -ナカミル-

ナカミル-免責事項について

ナカミル-免責事項について

ナカミル TOP

サイト内で使用されている成分表や成分詳細についての説明や、免責事項です。

<成分の効果や作用について>

サイト内で使用される成分の効果・作用については、書籍及びインターネット等からの情報を参考にしています。
成分の効果を保証するものではございませんので、予めご了承下さいませ。

<成分の安全性や毒性について>

化粧品に配合される成分は多種多様に渡り、配合の組み合わせや量により安全性や毒性が変化します。
また、全く同じ成分であっても刺激を感じる人・感じない人が存在します。
サイト内での表記は、平均的な評価であり全ての人に対して安全性や危険性を保証するものではございません。
成分に対する一つの知識として、お役立て下さいませ。

<成分の別名・類似成分リストについて>

成分の別名や類似成分リストに表示される名称については、厳密な化学式等が異なる成分も含まれます。
化粧品に配合したケースを想定し、効果・役割が近いものを表示しています。

<成分の色分けについて>

成分の安全性に関する色分けに関しては、こちらでご確認下さい。

<製品ごとの成分表記について>

製品ごとに表示される成分表は登録時のものであり、メーカーの判断により予告なく変更される場合がございます。
また、当サイトで表示する成分表は、一般的に知ることのできる情報を元に作成されています。

<医薬部外品の成分表記について>

医薬部外品として登録されている製品は、薬事法改正適用外となるため、日本化粧品工業連合会の基本方針に従って成分表記されています。
下記に日本化粧品工業連合会の医薬部外品表記に関する基本方針の抜粋を転載します。


3.表示を行う成分の範囲について
(1)原則として、医薬部外品の承認書に記載された全成分とする。
(2)企業秘密成分については、企業の判断により、成分名を表示しないことが出来る。
 この場合、表示成分以外にも成分が配合されている情報を提供する必要があり、表示されない成分数がnの場合には「他n成分」と表示する。

7.表示すべき全成分の記載方法について
(1)成分は、「有効成分(表示指定成分を含む)」と「その他の成分(表示指定成分を含む添加剤)」の2グループに分けて表示する。

8.表示すべき全成分の記載順について
「有効成分(表示指定成分を含む)」の記載順は承認書の記載順とし、「その他の成分(表示指定成分を含む添加剤)」の記載順は企業の判断とする。


当サイトでは、以上の基準に沿って公開されている成分情報を元に成分表を表示しています。

よって、医薬部外品であっても全成分を含有量の多い順に記載しているメーカーがある一方、メーカーの方針により全成分や配合量が公開されていない場合もございますので、予めご了承くださいませ。

<免責事項>

サイト内の成分効果・分類・作用や製品別の成分リスト・評価は、あくまで消費者の立場として参考になる内容をまとめたものであり、内容の絶対を保証するものではございません。また、表記ミス・誤字・誤表記に関しても同様の扱いとさせて頂きます。予めご了承下さいませ。

また、製品に関する情報は、メーカーの都合により変更される可能性がございます。最新の情報や詳細確認が必要な場合は、直接メーカーにお問い合わせの上ご確認いただくようお願いいたします。

<表記内容に誤りを見つけた場合>

表記内容に誤りを発見した場合は、お手数をおかけしますがコンタクトフォームよりご連絡をお願いいたします。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加


  • あわせて読みたい
製品の中を見てみ比較するサイト-ナカミル-トップへ