成分【香料】の効果や安全性 -ナカミル-

成分【香料】の効果や安全性

「 香料 」効果や安全性

ナカミル - 成分辞典 -
    配合目的:
    効果:
    安全性:
    情報なし

<成分の概要>

香料とは、化粧品やシャンプーなどに香りをつけるために用いられる成分の総称。
一口に香料と言っても、天然香料から、合成香料まで様々な種類があり、安全性や効果は成分の原料や配合量によって異なります。香料に分類される成分です。

<別名や類似成分>

香料

<効果や作用>

香料には、としての効果があります。

<安全性・毒性・注意点>

情報がありません。

<医薬部外品としての香料>

化粧品が医薬部外品として登録されている場合、現在の薬事法では全ての原材料を表記する義務はないとされています。

全成分を記載するか否かは、メーカーの判断により決められています。

その為、医薬部外品の成分表には、成分名ではなく「香料」と記載されているケースがあります。

この場合、どのような成分が香料として配合されているのかを判断するのは難しくなります。

通常の人にとってはさほど問題にならない成分が多いですが、特定の天然成分にアレルギーを持っている場合や、敏感肌の人にとっては、不親切な表記体系と言わざる負えないでしょう。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加


    • あわせて読みたい
    製品の中を見てみ比較するサイト-ナカミル-トップへ