成分【炭酸ナトリウム】の効果や安全性 -ナカミル-

成分【炭酸ナトリウム】の効果や安全性

「 炭酸ナトリウム 」効果や安全性

ナカミル - 成分辞典 -

<成分の概要>

炭酸ナトリウムとは、水に溶けやすい性質を持つアルカリ金属炭酸塩。ソーダ系入浴剤や洗浄剤として用いられる。
重層(重炭酸ナトリウム)がごく弱いアルカリ性であるのに対し、炭酸ソーダのアルカリ性はpH11.2と高い。pH調整剤、アルカリ剤、乳化剤に分類される成分です。

<別名や類似成分>

炭酸Na炭酸ソーダ炭酸ナトリウム

<効果や作用>

炭酸ナトリウムには、としての効果があります。

<安全性・毒性・注意点>

稀にアレルギーや刺激を感じることがありますが、通常の配合量であれば問題としない人が多い成分です。

<炭酸ナトリウムのデオドラント効果>

炭酸ナトリウムはpH11.2と高いアルカリ性で、酸性の匂いを消臭効果する効果があります。
これは、酸性の匂い物質(汗蒸れ等)をアルカリ性が中和するためです。

<炭酸ナトリウムの刺激や注意点>

アルカリ性は、タンパク質溶解作用が高くなります。皮膚表面の角質を溶かす作用があり、角質ケアとしては有効です。

ですが、使用後は古い角質がとれて「肌が薄い状態」になるので、しっかりと保湿してあげることが大切です。

また、角質が薄くなっている肌荒れ状態のときに使用すると、刺激が強くなることがあります。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加


    • あわせて読みたい
    製品の中を見てみ比較するサイト-ナカミル-トップへ