成分【水添レシチン】の効果や安全性 -ナカミル-

成分【水添レシチン】の効果や安全性

「 水添レシチン 」効果や安全性

ナカミル - 成分辞典 -

<成分の概要>

水添レシチンとは、大豆や卵黄に含まれる「レシチン」を安定化した成分であり、界面活性剤の一種。
一般的な「合成界面活性剤」とは違い、天然物質と変わらない構造をもつことが特徴。
肌荒れ予防にも効果のある成分です。乳化剤、界面活性剤に分類される成分です。

<効果や作用>

水添レシチンには、としての効果があります。

<安全性・毒性・注意点>

稀にアレルギーや刺激を感じることがありますが、通常の配合量であれば問題としない人が多い成分です。

<天然構造をもつ界面活性剤>

水添レシチンの大きな特徴は、天然物質と変わらない構造をもっている点でしょう。

一般的な合成界面活性剤は、化学反応を経て、自然界には存在しない特殊な構造へと合成され作られます。

対して「水添レシチン」は、天然の「レシチン」の構造をそのまま安定化した成分です。

『自然界にもとから存在する界面活性効果』を活かした成分なので、一般的な「合成界面活性剤」よりも安全性が高いと考えられています。

原料コストが高い成分の一つです。

<レシチンの保湿効果・バリア機能>

水添レシチンには界面活性剤、乳化剤としての作用だけではなく、皮膚コンディショニング効果もあるとされています。

・優れた保湿効果による肌荒れ予防。
・肌のバリア効果、保護効果

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加


    • あわせて読みたい
    製品の中を見てみ比較するサイト-ナカミル-トップへ