成分【ラウロイルアラニンNa】の効果や安全性 -ナカミル-

成分【ラウロイルアラニンNa】の効果や安全性

「 ラウロイルアラニンNa 」効果や安全性

ナカミル - 成分辞典 -

<成分の概要>

ラウロイルアラニンNaとは、弱酸性の陰イオン界面活性剤。
アミノ酸系洗浄剤の中でも低刺激性に優れ、必要な水分や皮脂を奪うことなく余計な汚れを落とし、サッパリとした洗浄が可能。
弱酸性で肌のバリア機能にも優しい。
アミノ酸の中でもコストが高い成分の一つ。アミノ酸系、合成界面活性剤、弱酸性、洗浄剤に分類される成分です。

<別名や類似成分>

ココイルアラニンTEAココイルメチルアラニンNaミリストイルメチルアラニンNaラウロイルアラニンNaラウロイルメチルアラニンNaラウロイルメチルアラニンTEA

<効果や作用>

ラウロイルアラニンNaには、としての効果があります。

<安全性・毒性・注意点>

肌や体への刺激性は低く、毒性による副作用の心配の少ない成分です。

<ラウロイルアラニンNaの洗い上がりや特徴>

弱酸性でありながら適度な洗浄力があり、頭皮へ負担をかけずに余計な汚れをしっかりと落とすことが出来る。

毛髪のボリュームを潰さずに、ふんわりしなやかに仕上がる。

洗浄力や刺激、脱脂力が強すぎる洗浄剤に対して、頭皮への負担が少ないため、使い続けることで頭皮のバリア機能が正常化される効果が期待できます。

「頭皮環境改善」を目指すなら、非常におススメの成分。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加


    • あわせて読みたい
    製品の中を見てみ比較するサイト-ナカミル-トップへ