成分【ラウレス硫酸ナトリウム】の効果や安全性 -ナカミル-

成分【ラウレス硫酸ナトリウム】の効果や安全性

「 ラウレス硫酸ナトリウム 」効果や安全性

ナカミル - 成分辞典 -

<成分の概要>

ラウレス硫酸ナトリウムとは、陰イオン性界面活性剤の1つ。
強い脱脂力や刺激のため、皮膚や眼に炎症を起こす可能性がある成分ですが、多くのシャンプーに使われている要注意の旧指定成分です。合成界面活性剤、洗浄剤に分類される成分です。

<別名や類似成分>

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウムポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩ラウレス硫酸Naラウレス硫酸ナトリウム

<安全性・毒性・注意点>

刺激の強さや毒性の心配があり、避けたい成分の一つです。

<ラウレス硫酸ナトリウムの危険性>

ラウレス硫酸ナトリウムは、脱脂力(皮脂を取り去る力)が強く、タンパク変成作用があります。

使い続けることで、肌や頭皮の乾燥・肌荒れ・炎症・フケや痒みの原因を生み出します。

<ラウレス硫酸ナトリウムを配合する理由>

髪や肌にとって有害であり、メリットは1つもない成分ですが、メーカーがこの成分をシャンプー等に配合する大きな理由に、「コストの安さ」が上げられます。

コストを抑えつつ、消費者に「しっかり洗えた!」という使用感をもたらすのが、この成分です。

しかし、実際は頭皮に必要な皮脂まで根こそぎ取られてしまうので「過剰な洗浄」となってしまいます。

<ラウレス硫酸ナトリウム系シャンプーは、避けた方がいい>

ラウレス硫酸系の配合量が多いシャンプーは、その強い刺激を隠すために、過剰なコーティング剤・シリコン剤を付加していることがあります。

過剰なシリコン剤は「臭いものにフタをする発想」であり、髪や頭皮そのものが健康に美しくなる訳ではありません。

洗浄剤で頭皮にダメージを与えながら、コート剤で無理やりツヤを出している状態です。

健康で強い髪のためには、柔らかく潤った、健やかな頭皮を保つことが大切です。

その為には「洗浄剤」による頭皮への無駄な負担を避けることが大切です。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加


    • あわせて読みたい
    製品の中を見てみ比較するサイト-ナカミル-トップへ