成分【ラウリン酸ポリグリセリル】の効果や安全性 -ナカミル-

成分【ラウリン酸ポリグリセリル】の効果や安全性

「 ラウリン酸ポリグリセリル 」効果や安全性

ナカミル - 成分辞典 -

<成分の概要>

ラウリン酸ポリグリセリルとは、ラウリン酸(植物脂肪酸)にグリセリン(植物由来水溶性保湿成分)から得られる非イオン系の界面活性剤。
食品添加物としても使われる成分です。乳化剤、合成界面活性剤、洗浄剤に分類される成分です。

<別名や類似成分>

モノラウリン酸ポリグリセリルラウリン酸ポリグリセリルラウリン酸ポリグリセリル-10

<効果や作用>

ラウリン酸ポリグリセリルには、としての効果があります。

<安全性・毒性・注意点>

稀にアレルギーや刺激を感じることがありますが、通常の配合量であれば問題としない人が多い成分です。

<ラウリン酸ポリグリセリルの洗浄力>

洗いあがりにぬるつかず、しっとり感を与える洗浄効果があり、界面活性剤の中では低刺激でマイルドな成分。

また、皮膚コンディショニング作用があることから、洗浄の他に保湿・保護を目的として配合されることがあります。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加


    • あわせて読みたい
    製品の中を見てみ比較するサイト-ナカミル-トップへ