成分【ラウリン酸アミドプロピルベタイン液】の効果や安全性 -ナカミル-

成分【ラウリン酸アミドプロピルベタイン液】の効果や安全性

「 ラウリン酸アミドプロピルベタイン液 」効果や安全性

ナカミル - 成分辞典 -

<成分の概要>

ラウリン酸アミドプロピルベタイン液とは、植物由来の合成界面活性剤。
マイルドな洗いあがりと低毒性に優れた洗浄剤で、ベビーシャンプーや石鹸、コンディショニング剤としても使われている成分です。両性界面活性剤、合成界面活性剤、帯電防止剤、洗浄剤、親水性増粘剤、起泡剤に分類される成分です。

<別名や類似成分>

ラウラミドプロピルベタインラウリン酸アミドプロピルジメチルアミノ酢酸液ラウリン酸アミドプロピルジメチルアミンオキシド液ラウリン酸アミドプロピルベタイン液

<効果や作用>

ラウリン酸アミドプロピルベタイン液には、としての効果があります。

<安全性・毒性・注意点>

稀にアレルギーや刺激を感じることがありますが、通常の配合量であれば問題としない人が多い成分です。

<ラウリン酸アミドプロピルベタイン液- 頭皮への影響>

ラウリン酸アミドプロピルベタイン液は、目や頭皮に対する刺激性が低く、ゴワつきのないさっぱりとした洗い上がりが特徴的な成分です。

水質に関わらず安定した起泡性があり、たっぷりの泡を維持したままウォッシングすることが出来ます。

また、他の界面活性剤と組み合わせて使用することにより、増粘性や感触改良効果もあります。

また、皮膚コンディショニング効果があることから、シャンプーだけではなくコンディショナーに使用されることもあります。

頭皮へ強い刺激を与えてしまう「ラウレス硫酸」系の成分と名前が似ていますが、別の成分です。

洗い上がり:マイルドな洗浄力と泡立ちで、乾いたあともパサつきがなくしなやか。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加


    • あわせて読みたい
    製品の中を見てみ比較するサイト-ナカミル-トップへ