成分【ラウリルグルコシド】の効果や安全性 -ナカミル-

成分【ラウリルグルコシド】の効果や安全性

「 ラウリルグルコシド 」効果や安全性

ナカミル - 成分辞典 -

<成分の概要>

ラウリルグルコシドとは、ラウリン酸(脂肪酸)とグルコース(糖)からなる植物由来の合成界面活性剤。
ラウリン酸系の合成界面活性剤のには、刺激が強いもの(ラウリル硫酸Naなど)がありますが、ラウリルグルコシドは安全性が高く、刺激を緩和する作用があります。
低刺激な洗浄剤として、ベビーシャンプー等にも使われる成分です。
合成界面活性剤、洗浄剤に分類される成分です。

<別名や類似成分>

ラウリルグルコシド

<効果や作用>

ラウリルグルコシドには、としての効果があります。

<安全性・毒性・注意点>

肌や体への刺激性は低く、毒性による副作用の心配の少ない成分です。

<ラウリルグルコシドの泡立ちや使用感>

ラウリルグルコシドは、非常に低刺激な成分であり、単体では泡立ちや洗浄力が弱いとされています。

そのため、他の界面活性剤の刺激を低減する補助的役割として配合されることが多いようです。

お仕事などで毎日洗浄剤を使う人にも優しい成分です。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加


    • あわせて読みたい
    製品の中を見てみ比較するサイト-ナカミル-トップへ