成分【メントール】の効果や安全性 -ナカミル-

成分【メントール】の効果や安全性

「 メントール 」効果や安全性

ナカミル - 成分辞典 -

<成分の概要>

メントールとは、テルペンアルコールの一種であり、医薬品成分。
肌に触れると冷たく感じる作用や、皮膚を刺激して活性化する効果があります。変性剤、香味剤、香料に分類される成分です。

<別名や類似成分>

L-メントールメントール

<効果や作用>

メントールには、としての効果があります。

<安全性・毒性・注意点>

稀にアレルギーや刺激を感じることがありますが、通常の配合量であれば問題としない人が多い成分です。

<メントールの清涼感>

メントールは、肌に触れるとスーッとする感触があります。これは、メントールが冷感を感じる受容体を活性化させるため。
メントールを塗ると、肌は「冷たさ」を感じた時と同じ反応を示すのです。

<化粧品やヘアケアとしてのメントール>

メントールには、皮膚を刺激して血流を改善する作用があります。
これにより、皮膚や頭皮の血行を改善する効果があります。

また、抗菌作用・炎症作用があるため、オイリー肌のスキンケアや、スカルプケア商品、育毛剤として適した成分です。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加


    • あわせて読みたい
    製品の中を見てみ比較するサイト-ナカミル-トップへ