成分【メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン】の効果や安全性 -ナカミル-

成分【メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン】の効果や安全性

「 メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン 」効果や安全性

ナカミル - 成分辞典 -

<成分の概要>

メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリンとは、細胞膜のリン脂質と類似した構造の高分子成分。
肌を保護するバリアを作り、刺激や乾燥から肌や頭皮を守ります。エモリエント剤、保湿剤に分類される成分です。

<別名や類似成分>

メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリンメタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液リピジュアリン脂質ポリマー

<効果や作用>

メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリンには、としての効果があります。

<安全性・毒性・注意点>

安全性は高く、副作用の心配はほぼありません。

<肌をバリアし、保水力が継続する効果>

細胞膜(生体膜)に良く似た保護膜を作り「肌のバリア機能」を高め肌や髪を刺激から守る効果があります。

また、生体への親和性が高く、皮膚や毛髪に対して高い保湿性を維持し、保湿力はヒアルロン酸の約2倍。

エモリエント作用もあり、頭皮や肌に柔軟性を与え、栄養分を皮膚や頭皮に保つ効果もあります。

高い安全性でバリア機能を強化するため、肌荒れにも効果的な成分です。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加


    • あわせて読みたい
    製品の中を見てみ比較するサイト-ナカミル-トップへ