成分【ペンチレングリコール】の効果や安全性 -ナカミル-

成分【ペンチレングリコール】の効果や安全性

「 ペンチレングリコール 」効果や安全性

ナカミル - 成分辞典 -

<成分の概要>

ペンチレングリコールとは、多価アルコールの一種。
サッパリとした使用感で抗菌作用があり、パラベン等の防腐剤の配合量を低減した製品などに配合されます。
低刺激で安全性の高い成分です。感触改良剤、殺菌剤、溶剤に分類される成分です。

<別名や類似成分>

1、2-ペンタンジオール1,2-ペンタンジオールペンチレングリコール

<効果や作用>

ペンチレングリコールには、としての効果があります。

<安全性・毒性・注意点>

肌や体への刺激性は低く、毒性による副作用の心配の少ない成分です。

<パラベンとの相乗効果>

ペンチレングリコールはパラベンの防腐効果を高める効果があり、組み合わせて使用することで防腐剤の配合量を減らすことができます。

防腐剤の配合量を少なくする工夫がされた製品に配合されることが多い成分です。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加


    • あわせて読みたい
    製品の中を見てみ比較するサイト-ナカミル-トップへ