成分【ピロクトンオラミン】の効果や安全性 -ナカミル-

成分【ピロクトンオラミン】の効果や安全性

「 ピロクトンオラミン 」効果や安全性

ナカミル - 成分辞典 -

<成分の概要>

ピロクトンオラミンとは、であるピロクトンとエタノールアミンから形成されるアミン塩。
殺菌効果や頭皮の皮脂分泌を制御する効果があり、フケ予防として評価の高い成分ですが、人によっては注意が必要です。
また、毛根細胞のアポトーシス(自然死)を制御して、脱毛を予防する効果が注目されています。
殺菌剤、防腐剤に分類される成分です。

<別名や類似成分>

オクトピロックスピロクトンオラミン

<効果や作用>

ピロクトンオラミンには、としての効果があります。

<安全性・毒性・注意点>

向き・不向きのある成分であり、配合量や人によって注意が必要な成分です。

<ピロクトンオラミンの毒性とは?フケ予防のメカニズム>

ピロクトンオラミンは、特に「フケ予防」として定評のある成分ですが、向き不向きのある成分と言えます。

頭皮には「皮膚常在菌」というものが存在し、病原菌などから頭をまもる「バリア菌」として働いています。

そして皮膚常在菌の一種である真菌「マラセチア」と皮脂が結びつくと、フケ増殖の原因になっていきます。

ピロクトンオラミンは真菌に対しても殺菌効果を発揮するので、フケ発生に関係する真菌を殺菌することで高いフケ防止効果を発揮します。

しかし同時に「頭皮のバリア機能」として働いている「良い細菌・真菌」も殺菌されてしまい、バリア機能が低下してしまいます。

<ピロクトンオラミンの向き・不向き>

皮脂性頭皮であり、さらに大量のフケに悩まされている場合は有効な成分でしょう。

しかし、フケに悩んでいない人や、皮脂性頭皮でない人は使う必要のない成分と言えます。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加


    • あわせて読みたい
    製品の中を見てみ比較するサイト-ナカミル-トップへ