成分【コレステロール】の効果や安全性 -ナカミル-

成分【コレステロール】の効果や安全性

「 コレステロール 」効果や安全性

ナカミル - 成分辞典 -

<成分の概要>

コレステロールとは、有機化合物の一種。人間の体内組織の細胞膜にも存在します。
皮膚コンディショニング剤としての効果があり、化粧品に配合されることもあります。エモリエント剤、乳化剤、増粘剤、油剤に分類される成分です。

<効果や作用>

コレステロールには、としての効果があります。

<安全性・毒性・注意点>

安全性は高く、副作用の心配はほぼありません。

<化粧品やヘアケアとしての効果>

親油性が高く、オイルに良く溶け、水分を抱え込む性質があります。

皮膚表面に膜をつくり、キメ・ハリなどを与えて保湿する効果があります。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加


    • あわせて読みたい
    製品の中を見てみ比較するサイト-ナカミル-トップへ