成分【エタノール】の効果や安全性 -ナカミル-

成分【エタノール】の効果や安全性

「 エタノール 」効果や安全性

ナカミル - 成分辞典 -

<成分の概要>

高い殺菌効果のある無色透明のアルコール成分。配合量や製品により、役割や安全性が大きく変わる成分です。収れん剤、抗菌剤、消泡剤、溶剤、粘度低下剤に分類される成分です。

<別名や類似成分>

アルコールエタノールエチルアルコール変性アルコール無水エタノール酒精

<効果や作用>

エタノールには、としての効果があります。

<安全性・毒性・注意点>

向き・不向きのある成分であり、配合量や人によって注意が必要な成分です。

<消毒液としてのエタノール>

エタノールは、高い殺菌作用により、医療や工業用の消毒液としても幅広く使用されています。

<エタノール濃度による名称の違い>

■無水エタノール(無水アルコール):99.5v/v%以上
用途:化粧品や溶剤、洗浄、燃料など。

■エタノール(アルコール):95.1-96.9v/v%

■消毒用エタノール(消毒用アルコール):76.9-81.4v/v%
用途:一般的な医療用消毒剤として。
(消毒力は、エタノール濃度80%前後が最も高い。)

<化粧品やヘアケアとしてのエタノール>

肌にサッパリとした清涼感をもたらしたり、菌の繁殖を抑えたりする効果があります。

また、アルコールの揮発性を利用して「肌を乾燥させること」を目的として配合される場合があります。

<エタノールの刺激や安全性>

アルコールとは本来刺激の強い成分ですが、化粧品に含まれるエタノールは、消毒用エタノールよりも毒性・刺激が低減されています。

それでも、アルコールに対してアレルギーを持つ人には有害と言えるでしょう。

また、上で紹介したようにアルコールには高い揮発性があり、蒸発する際に肌から水分を奪ってしまいます。

「アルコール系の化粧品が苦手」という人は、恐らくアルコールの「乾燥性」が苦手なのではないでしょうか。

「サッパリとした使用感が好き」という人もいれば、「刺激が強すぎて使えない」人もいるので、向き・不向きのある成分と言えます。

どちらにせよ刺激成分なので、配合量が多い商品や、乾燥肌の人は注意が必要な成分でしょう。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加


    • あわせて読みたい
    製品の中を見てみ比較するサイト-ナカミル-トップへ