髪は寝ながら育てる。育毛のゴールデンタイムを見逃すな! | ハゲ学

髪は寝ながら育てる。育毛のゴールデンタイムを見逃すな!

TOP > 痩せてる人のハゲ予防 > 記事 2011/10/06

今回は全身で行う育毛法として、すぐに実践出来るハゲ予防を紹介します。

育毛剤を使っていない人にはもちろん、すでに育毛剤を使っている人も、この方法をプラスすれば育毛剤の効果がさらに高くなると思うので、皆様におススメ出来る方法です。

今回のテーマは「育毛+睡眠・栄養・成長ホルモン」です。

まず、薄毛やハゲにお悩みの方。育毛には効果的な時間帯があるってご存知でしょうか。

ハゲ学では「育毛のゴールデンタイム」と名付けてみました。

逃したくない育毛のゴールデンタイムを、上手に有効利用するハゲ予防のコツを紹介していきます。

育毛ゴールデンタイムを無駄にするな!

睡眠は体にとって無くてはならない「休息・修復・成長」のための時間。睡眠中の体の中では、成長ホルモンという物質が分泌されます。

成長ホルモンとは、その名の通り「成長を促進するホルモン」であり、髪だけではなく体中の組織の健全な成長・修復を促します。

睡眠開始から30分ほどで人成長ホルモンの分泌が開始され、その後2~3時間おきに分泌されます。

通常、眠り初めてから1時間後に成長ホルモンの分泌量がピークになるようです。
そうです。この眠り開始から1時間~こそが、育毛のゴールデンタイム。

この時間、体は成長ホルモンの働きにより、髪の毛、皮膚、筋肉等をせっせと育成します。

ですがこの時、体内に良質な栄養が無かったら?髪のための材料がそろって無かったら?
残念ですが、育毛ゴールデンタイムをみすみす逃してしまう事になります。

睡眠育毛を目指すなら、ゴールデンタイムに合わせてしっかりと髪の栄養を準備しておくことが重要です。

寝る前の栄養補給で、髪に成分が行き渡る。

では、育毛ゴールデンタイムを無駄にしないためには?

簡単に言うと、答えは簡単。寝る前に栄養補給を済ませておくのです。

下記を読んでみて「面倒・無理」と感じた人は、手軽に栄養補給ができる寝る前サプリを取り入れる事も有効です。

■育毛ゴールデンタイムを逃さないコツ

① 睡眠の3時間前には食事を済ませておく。
タンパク質の消化は時間がかかるので、夕食はゴールデンタイムに備えて3時間前が理想的です。また、胃に食品が残ったまま寝ると胃・肝臓が休めないので、長期的に髪にも悪影響です。

② 食事の内容はタンパク質・亜鉛・ビタミン重視で。(例:髪に悪い食事例)
これらはどれも髪を作る必須栄養素です。

③ 規則的な睡眠を心がける。
不規則な睡眠・寝不足は、成長ホルモンの分泌量自体が減ってしまいます。

■こんな食生活は特にNG!例もあげておきます。

① 晩ご飯抜き・空腹で寝る。
晩ご飯を抜いて、空腹のまま寝るのはとにかくNGです。
どんなに健康な髪質の人でも髪にダメージが出るほどの悪習慣です。

どうしても食べられない時は、食事の代わりにプロテインやサプリでタンパク・ミネラル・ビタミンを補い髪に、髪に必要な栄養が不足しないようにします。

② 食べてすぐ寝る。
一見、髪に栄養が行きそうですが、食品から得られるタンパク質は消化分解に時間がかかるので、ゴールデンタイムのピークに間に合いません。

また睡眠中は胃の働きが低下するので、食べてすぐ寝ると胃もたれ・消化不良になりやすく、栄養吸収率も下がり、本来休んでいるはずの胃・肝臓を睡眠中に酷使する事になるので、睡眠の本来の目的「修復・成長」がおろそかになってしまいます。

食事を抜くよりは良いですが、出来れば止めたい習慣です。
こちらのタイプには、肝機能系を強化するアミノ酸系サプリがお勧めです。

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事タイトル検索


  • あわせて読みたい
ハゲ予防まとめサイト★ハゲ学ドットコム★トップへ